肝斑とは、30代から50代の女性に多いシミの一種で、頬周辺に左右対称に淡褐色の斑が現れます。
肝斑はシミよりも複雑な要因で発生しますが、原因はまだしっかりと解明されておらず、通常のシミと混在することも多いため、その人に合った治療をする必要があります。

肝斑は、頬の周辺の比較的広い範囲に輪郭がはっきりしない色素沈着ができ、左右対称に同じ形、同じ大きさで現れることが多いようです。
また、口の周辺や鼻の下にもできやすいようです。

肝斑が発生する理由はまだ解明されていませんが、女性ホルモンのバランスや紫外線、ストレスや疲労、間違ったスキンケアなどの要因が組み合わさることで発生すると考えられています。

皮膚科では、肝斑治療が行われており、処方される肝斑治療薬には、内服タイプと外用タイプを併用することが一般的です。
肝斑は女性ホルモンが主な原因とされているため、内服薬やサプリメントなどで体中から改善しながら、有効成分によって体内のメラニン色素と排出し、生成を抑制することで高い肝斑改善効果が期待できます。

トラネキサム酸は、肝斑改善作用があると認められている成分で、市販の肝斑治療薬にも配合されています。
メラニン色素を生成するメラノサイトの働きを抑制し、色素沈着を防ぎます。
外用と内服タイプがあります。
トラネキサム酸の補助として、ヒトプラセンタを利用することでさらに肝斑が薄くなるといわれています。

ハイドロキノンは、外用薬として使用される成分で、漂白作用が高く、メラニン色素を還元して、メラニン色素の発生を抑制します。
軽い色素沈着であれば、短時間での改善でき、シミやそばかす、炎症性色素沈着の改善効果もあります。

トレチノインはビタミンAの一種で、代謝促進作用があり、肌のターンオーバーを正常化して皮膚の奥にあるメラニン色素を排出します。
外用のハイドロキノンと併用することで高い治療効果が得られます。

ビタミンCは、メラニン生成抑制作用や活性酸素除去作用、コラーゲン生成促進作用などがあり、美肌やアンチエイジングに重要な成分です。
外用や内服タイプの肝斑治療薬に使用されます。

■トレチノインは通販でも購入できます
トレチノインで美肌に♪
■30代~40代にも人気のルミガンの気になる効果とは?
ルミガン 効果