年齢を重ねた肌にはしわやシミ、たるみといったトラブルが発生しやすくなります。
服装やメイクでどんなにオシャレに決めていても、シミが目立つと年齢は隠せませんね。

シミにもいくつかの種類があり、市販の化粧品で改善できるものもあれば病院に行って治療を受けないと改善しないものもあります。

加齢とともに目立ってくるのが肝斑と呼ばれるシミです。
肝斑とは頬骨に沿う形で現れてくるシミのことですが、右の頬と左の頬に同じように発生することが特徴的です。
しかも一つや二つではなく広い範囲に発生することが多いため、普通のシミよりも目立ちやすいのです。

紫外線を浴びることでシミが発生しやすくなりますが、肝斑の場合原因は紫外線だけではありません。
女性ホルモンの影響によって引き起こされる肌トラブルでもあるため、塗り薬などを使用しても改善が難しいのです。

肝斑を治療したい時は美容外科、美容皮膚科、皮膚科といった病院を受診するといいでしょう。
病院を受診すると症状に合わせて肝斑に効果のある治療薬が処方されます。
内服薬が処方されるため医師の指示に従って正しく服用しましょう。

美容皮膚科を受診した場合は光やレーザーを使った治療を受けることになるでしょう。
レーザーを照射すれば即効性が実感できますから、今すぐにでも解消したいという方におすすめです。

肝斑の治療に使われる有効成分には、トラネキサム酸やハイドロキノンなどがあります。
医師が診察をして適切な治療薬が処方されるでしょう。

治療にかかる費用は受診する病院や治療方法によって変わってきます。
皮膚科で内服薬が出る場合は保険が適用されて安い費用で収まることもありますが、美容クリニックでレーザー治療を受けると費用は高めになるので事前の調査が大切です。