肝斑ができる原因としてあげられていることはいくつかありますが、紫外線や女性ホルモンが主な原因と言われており、ストレスでのホルモンバランスの崩れが影響しているという考え方があります。
さらには肌に無理な刺激を与えすぎて起こることもあり、マッサージなどでこすりすぎることも良くありません。

メラニンを作り出す細胞が活性化しタンパク質の分解酵素が関わることで肝斑になるため、治療薬にはその活性化した細胞であるメラノサイトができてしまわないように、活性化を抑えることができるトラネキサム酸が使われることが多くなっています。
トラネキサム酸は色んな効果があるため、多くの症状の治療薬として用いられており、抗アレルギー効果があったり口内炎や蕁麻疹・湿疹などから止血剤にも用いられています。

病院で処方されるだけでなく今はネット通販でも購入が可能になっていて、トラネキサム酸の服用薬が売られています。
服用後すぐに効果がみられるものではなく、2か月程度を目安に飲み続ける必要があります。
薬の製造元によって、服用回数などにも違いがありますから、きちんと用法を確認して用いるべきです。

ネット通販で医薬品を購入するときは信頼できるショップを利用し、厳重に管理されているところから買い求めるべきです。
ずさんな管理がされていると薬でも劣化が起こり、効果に影響が出たり使用期限よりも早めに飲めなくなることがあるからです。
ネット通販であっても薬剤師に相談が行えるところは多々ありますから、肝斑治療薬について説明を受けたり、他の薬との併用が可能かなど確かめて購入することが可能です。
効果がみられるとされる期間服用を続けても肝斑に改善がみられない時には、別な病気の可能性もあるため、一度医師に診てもらうと安心できます。