肝斑治療薬には内服薬と外用薬の両方があります。

肝斑治療薬に配合されている成分として、トラネキサム酸があります。
肝斑の原因はメラニン色素にあります。
この薬はメラニンをつくりだす細胞を活性化させるメラノサイト活性化因子の働きを抑制する働き、そしてできてしまった色素が沈着するのを防ぐ作用があります。
内服薬と外用薬の両方で使用される薬です。

つぎにトレチノインがあります。
これはビタミンAの一種で、新陳代謝を促進する効果があります。
これによって皮膚の深層にあるメラニン色素を肌のなかから排出します。
ハイドロキノンと併用して使われることが多い外用薬です。

ハイドロキノンは高い漂白作用があり、メラニン色素が作られにくくする作用があります。
シミ・そばかすなどに対しても短時間で効果が期待できる薬なのですが、強い作用をもっているので使用するときは注意が必要です。

また肝斑治療薬にはビタミンCを配合したものも多くあります。
これはメラニンの生成を抑制する作用があります。
またメラニンの生成といえば紫外線を連想する方が多いかと思いますが、実際には活性酸素も大きくかかわっています。
また活性酸素といえば老化の原因物質でもあります。
ビタミンCは強い抗酸化作用をもつため、活性酸素の除去に効果が、アンチエイジングにも欠かせない成分です。
サプリメントなどの内服薬としてだけでなく外用薬にも配合されている成分です。

肝斑ができる原因としてストレスも大きく関係しています。
メラノサイトが活性化するときはホルモンの影響も大きいとされています。
不規則な生活、睡眠不足などはホルモンバランスに影響します。
肝斑治療薬に頼るだけでなく、睡眠時間を十分に取るなど生活リズムを整えることも必要です。